くるめ創業ロケット Scratch作品応募規約

「くるめ創業ロケット Scratch作品応募規約」 (以下、「本応募規約」といいます) は、くるめ創業ロケット(以下、「主催者」といいます) が、オリジナルのScratchのプログラム作品の応募にあたり、適用される条件を定めたものであり、「くるめ創業ロケット 子どもプログラミング体験」へプログラム作品の応募を行う応募者(以下、「作品応募者」といいます)は応募した時点で本応募規約に同意したものとみなし、その作品がイベントの審査対象か否かに関わらず、全ての応募作品に適用します。

  1. 審査対象資格
    福岡県久留米市に在住または、在学中の小学生に限ります。詳細は「くるめ創業ロケット 子どもプログラミング体験」公式HP(https://school.crosslab.co.jp/rocket/)(以下、「本サイト」といいます)へ記載しますので、ご確認下さい。
  2. 応募作品
    「くるめ創業ロケット 子どもプログラミング体験」への応募作品(以下、「応募作品」といいます)は、以下の各号の全ての条件を満たさなくてはなりません。

    • 一般的な環境下で動作するプログラミング作品であること
    • 他者のAPIなどを利用する場合には、著作権の侵害や規約の違反等のないよう対応すること。
    • 他者のライブラリやソースコードを利用する場合には、各ライブラリ・ソースコードのライセンスの条項に従うこと。
  3. 禁止事項
    作品応募者は、以下の各号に該当する作品を応募することはできません。第三者又は主催者の著作権、その他の知的財産権を侵害する作品

    1. 第三者又は主催者の財産、プライバシー又は肖像権を侵害する作品
    2. 第三者又は主催者の名誉・信用を毀損する作品
    3. 犯罪に結びつく作品
    4. 営利目的又は何らかの勧誘を目的とする作品
    5. 他のサイトへ、リンク、ジャンプ等するよう誘導する作品
    6. 猥褻、児童ポルノ又は児童虐待にあたる画像、文書等を利用又は配信する作品
    7. 無限連鎖講(ネズミ講)に該当し、又はこれを勧誘する作品
    8. 選挙期間中であるか否かを問わず、選挙運動又はこれに類似する作品
    9. 政治的意見、宗教広告等、思想信条に関する内容を含む作品
    10. 必要以上に感情的と判断される表現を含む作品
    11. 法令若しくは公序良俗(売春、暴力、残虐等)に違反する作品
    12. サイト主旨や募集されるテーマに相応しくない作品
    13. 前各号に定める行為を助長する作品
    14. 前各号に該当するおそれがあるなどと主催者が判断する作品
    15. その他、主催者が不適切と判断する作品

    第2条の条件に該当しない応募作品及び前項各号に該当する応募作品は、主催者の判断でその応募を無効とすることがあります。その際、応募者は当該の応募無効に関し、異議の申し立てや問い合わせをすることができないことを予め同意するものとします。
    著作権フリーの画像素材を使用する場合、フリー素材の提供元にライセンスを確認しかつ、作品の説明欄に提供元のサイト名・URLを記載する場合に限り使用することができます。
    作品応募者は、応募された作品につき主催者側で広報のために利用(Webサイト・雑誌など各種メディアへの掲載を含む)することを許諾します。

  4. 応募に関しての注意事項
    応募作品が本応募規約に違反するか否かについては作品応募者が事前に吟味するものとし、主催者は、応募作品に関する質問は受け付けません。
    応募作品の著作権等の知的財産権は、応募者が著作権を持たないライブラリ・ソースコードや画像素材を除き、応募作品の作品応募者に帰属します。ただし、作品応募者は、主催者に対して、本企画に関連する事業に関するものに限り、主催者が当該応募作品を日本の国内外において有償又は無償で利用する 、又は再利用許諾する(主催者自ら又は第三者による、本大会のプロモーションのための各種媒体への掲載、 各種イベントにおける展示・公開、ウェブ上での閲覧、複製、翻訳、翻案、送信可能化、公衆送信等とし、これらに限られない) 権利を主催者に許諾して頂きます。ただし、主催者が応募者の著作物を有償で販売・再利用許諾する場合には、別途当該著作物の応募者との間で利益の配分について協議するものとします。
    作品応募者は応募作品が作品応募者のオリジナルの作品であり、第三者の権利を侵害せず、作品応募者がその作品の権利者であることを保証します(グループで応募する場合、グループ代表者がグループ全員から応募に必要な同意をすべて得ており、これを保証するものとします)。
    主催者は、本サイトの応募フォームにて作品応募者からの応募を受け付けることとします。
    主催者は、何らかのインターネットに関するトラブルが発生した場合、主催者の判断により、応募を延期、終了又は中止等することができます。
    一人あたりの応募作品数の制限はありません。
    応募者は、親権者の同意を得た上で応募を行い、応募した時点で親権者の同意があるものとみなします。
    応募に要する費用(作品応募全般に必要な機材費等を含む)は応募者が負担するものとします。
  5. 審査・表彰について
    本サイト上で開催される企画における審査に関して、以下の各号を適用します。
    すでに他のコンテストなどに応募された作品は審査対象外となりますが、自己のサイトで公開している場合においては審査対象となります。
    審査対象資格を満たしていない場合でも、主催者が特別に認めた場合、審査対象とする場合もあります。
    特に優れた作品を応募した作品応募者には、授賞式、各種メディア等において、取材等受けていただき、取材に関する映像、記事等が掲載、配信される場合があります。予めその旨を同意して頂ける方のみ作品を応募してください。
  6. 免責・損害賠償
    以下に該当する場合においても、主催者は一切の責任を負いません。

    1. 作品応募者が、作品を応募したことに起因して作品応募者又は第三者が被った被害及び損害
    2. 応募作品の受付、管理、操作等において作品応募者に生じた損害
    3. 作品応募者が本応募規約に違反した又はそのおそれがあると主催者が判断した場合には、主催者はその作品応募者の応募・受賞の取消等の必要な措置を講じますが、それによって作品応募者に損害が生じた場合においても、主催者は一切の責任を負いません。
    4. 作品応募者が、主催者に何らかの損害を与えた場合、主催者は当該作品応募者に対して損害賠償を請求することがあります。
  7. 改定
    主催者は、随時本応募規約を改定することができるものとし、変更後の本応募規約は本サイト上に表示した時点より効力を生じるものとします。
    作品応募者は、本応募規約の変更の効力が生じた後に本大会に応募した時点で、変更した本応募規約の記載内容に同意したものとみなされ、当該作品応募者と主催者との間で改定後の規約の効力が発生するものとします。
    作品応募者は、本応募規約の不知又は不承諾を申し立てることはできないものとします。