くるめ創業ロケット 子どもプログラミング体験

今年もプログラミング体験を開催いたします!今年は、体験教室と体験イベントの2週に渡っての企画になっております。
体験教室も、開発コースとものづくりコースの2コース準備しております。
スマフォ世代と言われておりますが、使うだけで終わっていませんか?
コンピュータソフトやアプリケーションは使うだけではなく、[作る]ことも大切になってきます。
[作る]過程においての考え方や想像力が、これからの時代に必要となります。
是非この機会にプログラミングの世界を体験してみませんか?

【体験教室】

開催日:2017年8月20日(日)
時間:13:00〜17:00
コース:

①開発コース
「こんなのあったらいいな」をテーマに、Scratchを使いオリジナル作品を開発します。開発や発表を通じて、プログラミングの楽しさや可能性を感じてください。コンテストにも応募してみよう!
※コンテストは、第2回 全国小中学生プログラミング大会を想定しております。
<定員> 10名 ※抽選
<対象> Scratchの経験があり、オリジナル作品の開発ができる、小学4年生〜6年生

②ものづくりコース
プログラミングでロボットを動かします。ロボットの組み立てからスタート!
プログラミングの基礎を学び、ものづくりの楽しさを感じてください。
<定員> 6名 ※抽選
<対象> ものづくりに興味がある、小学4年生〜6年生

場所:久留米ビジネスプラザ
久留米市宮ノ野陣4丁目29-11
TEL 0942-31-3104

アクセス:
西鉄天神大牟田線 宮の陣駅 徒歩8分
JR鹿児島本線 久留米駅 6Km
九州自動車道 久留米IC 4Km
大分・長崎自動車道 鳥栖JCT 9Km
福岡国際空港 35Km

駐車場について:
建物前の駐車場は月極駐車場になりますので、ホール・会議室利用者用の駐車場をご利用いただきますようお願いいたします。

%e9%a7%90%e8%bb%8a%e5%a0%b4%e6%a1%88%e5%86%85%e5%9b%b3

【体験イベント】

開催日:2017年8月27日(日)
時間:12:00〜16:00
対象:小学1年生〜6年生
内容:
体験教室で作成した作品の展示
★応募作品の展示(Scratchのみ)
★体験イベント
・Scratch体験(人数制限あり)
・紙とペンで電子回路を書こう!
(先着20名(各コマ5名)、会場にて受付)
①12:30〜13:00 ②13:30〜14:00 ③14:30〜15:00 ④15:30〜16:00

場所:
久留米市六ツ門町21番地6 久留米東町公園ビル1F
くるめ創業ロケット 交流スペース
TEL 0942-27-6144
※駐車場はございません。近隣の有料駐車場をご利用ください。
 
 
 
 
申し込みについて
申込書を切り取り、必要事項を記入の上、下記までご郵送下さい。
申込書は、こちらからダウンロードできます。
申込締切: 7月28日(金)必着
当選された方のみ、8月4日(金)までに電話にてご連絡します。

郵送先

〒830-0032
久留米市東町495-1 ツインステートビル3F
株式会社クロスラボ
くるめ創業ロケット 子どもプログラミング体験教室申込窓口
※郵送費は申込者負担になります。

保護者の皆様へ

世界で広がるプログラミング教育、日本でも必修化へ

taiken_04社会のICT化が進み、身の回りのさまざまなものがコンピューターで制御されています。 また、私たちの生活は、もはやインターネットやスマートフォン無しでは過ごせないようになりました。そのような中、コンピューターをあやつる技術として「プログラミング」が重視され、世界中で小学校から必修化する動きが広がっています。

イギリスでは平成26年9月より5歳から16歳まで全員必修となったほか、平成28年にはフィンランドでもプログラミングが小学校の必修科目になりました。また、アメリカではオバマ大統領がプログラミング教育に40億ドル(約4,500億円)を拠出することを発表しました。日本でも、2020年から、小学校教育にプログラミング教育を導入することが本格的に検討されています。

スマートフォン/タブレットが席巻している今だからこそプログラミングを

taiken_05昨今、スマートフォンやタブレットが手に入りやすくなり若い世代のパソコン離れが話題によく上がります。今の時代、約8割の方がスマートフォンを所持しているといわれています。

そんな中、就職する若い世代の子たちはパソコンのキーボードが触れない、パソコンがほとんど扱えないという人たちが多くなりつつあります。

社会に出ると逆にパソコンを扱えない人は仕事が限られてしまう事が多々あるかと思います。

そんな時代だからこそ、パソコンに小さいうちから慣れておいてプログラミングを習得しておくと将来就職や進学に大きく役立つことは間違いありません。

プログラムを勉強することは考える能力を高めます

taiken_06プログラミンで処理を作るときに必要になるのは「フローチャート」と呼ばれる処理の順番を書いた図になります。

この結果を求めるために途中のプロセスを考える能力を習得するにはプログラミングを勉強すると自然と身についていきます。

そしてScratchはこのフローチャートそのままをビジュアル的にパソコンに並べて処理を作るため、具体的な処理の流れを考えることになります。

さらにこの能力は物事を整理する能力も高めてくれるため、ほかの学力向上や何かを考える能力向上にも役立ちます。

Scratchとは

taiken_03Scratch(スクラッチ)は、米国マサチューセッツ工科大学が開発した子ども向けプログラミング学習ツールです。すでに世界中で630万人以上の利用者が900万個以上の作品を作っています。

マウス操作が中心となり、命令ブロックを繋げるだけで簡単に開発ができるため、初心者でも楽しくプログラミングの基礎を学ぶことができます。

作品の中にはただ処理をさせるだけではなく、ゲーム性に富んだ作品も多くみられ、子どもたちの独創性と創造性を成長させるツールの1つとして注目されています。

また、Scratchはパソコンにインストールして使用するものとインターネット上で開発する2つのバージョンが存在し、プラットフォームの垣根を越えて開発を行うことも可能となっております。

事前勉強されたいお子さんへ、参考書のご紹介

こちらの参考書はイラスト等を用いて書いてあり、お子さんでも大変読みやすい本になっております。

講座までにご興味があられましたらご参考ください。

71mld6nmxal

小学生からはじめるわくわくプログラミング

61tvzeaseyl

小学生からはじめるわくわくプログラミング2

くるめ創業ロケットの紹介

rocket_rogoくるめ創業ロケットとは、久留米市が創業しやすい環境づくりの推進を目的として、中心市街地に整備した創業支援施設です。創業を目指す人々が集う交流スペースと創業者向けの貸しオフィスが利用できます。

今回の体験イベントでは、プログラミングに触れることで「世の中にないもの創り出す力」を養い、将来の創業者となる下地を作ることができればと考えています。

詳しくはこちら